独身の方の場合は、扶養する家族がいませんので、生命保険に入る必要はないと思っている人も多いと思います。

このような死亡保険金を受け取る人もいない訳ですから、急いで保険に加入する必要性は薄いでしょう。
ですから、医療保険へ加入した方が保険料も安く経済的だと考えるのは、当然です。

だからといって、独身者が生命保険に加入するのは無駄だというわけではありません。
もし保険に加入するとしても、自分の葬式代くらいは、最低限自分で確保する必要があるでしょう。

しかし、若い内から生命保険に入る方がお得という言葉を耳にしたことがある人もいると思います。
若いうちは保険料が安いということもありますが、若いうちは貯蓄が苦手な人が多いため将来の貯蓄として、生命保険を活用するというのはどうでしょう。

それに、独身貴族と言われても、カードを利用している人は多いものです。
死んだ後、ご両親や周りの人に迷惑をかけない程度の死亡保険金は残しておきたいものです。

このような、後始末的な保障額は平均して200万~300万ということです。
この場合、終身保険タイプがお奨めなので、生命保険を上手に利用してみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする