生命保険・ネット保険の必要性

生命保険会社に関する規制緩和以降、様々な会社で保険が販売されるようになりました。
そこで、インターネット専売型生命保険会社のネット保険が注目されています。

店舗がないので、人件費や設備費の削減する事が出来、安い保険料を実現しています。
申込手続きも、インターネットのみで契約を完了でき簡単です。
あらゆる部分で無駄を省くシステムが、安さの秘訣でしょう。

最近は、今の時代のニーズに合っているとして、多くの加入者実績を伸ばしています。
ネット保険の特徴は、保障内容がシンプルで、保険期間や保障額の設定の種類が豊富にあります。
手厚い保障で月々数千円の保険料設定となっているのが多いです。

審査がインターネット上で自己申告するだけで契約できるものが多く、何か困ったことがあれば、24時間対応のコールセンターに電話すると、必要なことに応えてくれます。
加入や契約変更等の必要な手続きや相談など、時間を選ばず行える点は、忙しい人とっては助かります。

その反面、自己申告で簡単に加入できる為、保険金詐欺の危険性もあるということです。
生命保険会社は、皆さんから保険料を預かり運営している為、不必要な支払いをすると一般の保険加入者にも影響を与えてしまいます。
この点をしっかり踏まえた上で、どのようなネット保険に入ればよいのかをじっくり考えてみましょう。

生命保険を比較することの必要性

さまざまな保険の中から自分にあった生命保険を選ぶためには、まず、資料を請求してみるのが一番です。

ネット上には、様々な保険会社のサイトがあり、資料請求することができます。
又、最近は保障額をシミュレーションすることもできます。

これらのシミュレーションでは、年齢・職業・月収・居住形態・配偶者の有無などの諸条件を入力していくと、必要な保障額を簡単に割り出してくれます。
シミュレーション後に、自分に合ったプランを選ぶこともできます。

パソコンの環境のない人が、必要保障額を知りたい場合には、決めるためのいくつかの目安があります。

①住宅費用(賃貸か持ち家かで住宅費用を計算します)②ご家族の生活費用(毎月10~15万円)
③大学卒業までの子供の学資④葬儀費用(300万円~500万円)⑤ローンがある場合、清算するための費用

意外と高額になるので、驚いてしまいますが、公的な保障もあります。
必要保障額-公的保障=生命保険の必要保障額と考えればいいでしょう。

保険会社の特定の保険商品に強い会社などもありますので、自分が何を目的として生命保険に入りたいのか、認識してみつけると良いでしょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする