万一の時に備える一番身近な手段は貯蓄ですが、事故や災害は、貯蓄の準備をしてからおこるものではありません。

十分な貯蓄の準備もできてないうちに、突然一家の大黒柱に不幸があったら、どうしますか。
家族は、生活に必要な収入を絶たれたばかりでなく、不安な生活を送ることになります。
もし、お子さんが就学中であったら、進学もあきらめるという事ことになりかねません。

万が一、このような事が起こった場合、経済的損失や生活を守ってくれる制度が生命保険です。
生命保険の加入や見直しを検討する場合には、契約した時点から払う保険料で十分な保障を得られるのか、試算し今から備える必要があります。

保障は多ければ多いほど安心感を得られるものですが、貯金や年金とは違います。
必要もなく満期がきて、損をしたと思う人もいるでしょう。
安心を積み立てるという考えが必要で、使う事がなければ幸いです。

又、貯金は、貯蓄した分の金額しか受け取れませんが、生命保険は、一家の大黒柱のこれからもらえたはずの収入を保障してくれます。
今後のライフサイクルの変化等を踏まえた上で、自分にあった生命保険を選びましょう。

生命保険選びの必要性

生命保険は加入するにしろ、見直しをするにしろ、生命保険を選ぶ際には、必要な保障が何であるかということを考えて選んだほうがいいでしょう。

第一に保険の種類です。
定期型にするのか、終身型にするのかを選びましょう。
これは、目的と保障を考えればすぐに結論がでるでしょう。

第二に、必要な保障額がいくらなのか、検討してみましょう。
独身の間であれば、死亡保険金よりご自身の病気やケガの治療のために保険を重視しますが、結婚すると家族の経済的なリスクを考えてしまいます。
又、持ち家か賃貸か、自営業か会社員かでも保障額が違ってきます。
概ねいくら必要なのか、貯蓄や家族構成、今の家計の収入状態に合わせて変わってくると思います。

第三に、どのようなことを期待しているのでしょうか。
万が一の場合の家族への収入の保障、老後の生活保障、それとも一時的な保障ですか。
公的な保障もあると思いますが、必要な保険の期間や金額などは、自分の家庭環境に合わせて、公的保障で足りない分を生命保険で補う形で、無駄のない生命保険のプランを選びましょう。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6989501776979410"
data-ad-slot="6631544284">

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする