昨今の不況で、ボーナスが減少するなど収入全体が下がり、家計状況が変化しています。
万が一の為に、生命保険に加入したものの、見直しをする必要がある事があります。

生命保険を見直ししたい人の理由は、自分に本当に合っている保険なのかどうか心配、保険料の負担が大きいなど様々です。
その他、満期や更新時に自分が病気になった事やケガをしたのがきっかけになることも多いです。
そうなる多くの原因は、内容を理解しないまま、又は勧められるまま保険を契約してしまった結果です。

一般的には、入りなおすと契約年齢が高くなるために保険料が高くなり、不利な契約になることもあります。
現在加入している保険を見直して、特約をつけるなり、他の安い掛け捨ての生命保険と組み合わせて継続する方が保障の点で有利になります

又、保険料の負担を軽くしたい場合、必要のない保障が隠れている場合があります。
すでに入っている保険をよく見直し、固定費である保険料をできるかぎり安くにおさえることは、家計の節約には必要なことです。
解約は最終手段と考えた方がいいでしょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする